笠岡の地で 第二章

E-veがお送りする千鳥の夢小説の第二章です

第一章は私のブログの一覧から確認してご覧下さい。

 

ではどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

ノブと大悟の関係は変わらず最悪な状態にあった。


約束の通り千鳥としての仕事は1度差し止め、マネージャーは「ノブと大悟が千鳥としての仕事は一度休止することにした」ということを各所に伝えて回る。


千鳥ほどの人気芸人の活動休止にテレビ各局は驚きを隠せず、混乱し、彼らの冠番組の代わりとなる番組を考えなければならない羽目となった。


朝の情報番組や昼の帯番組などでもこの話題は取り上げられるなど大きな話題を呼んだ。


とはいえあくまで「千鳥」の活動休止。それぞれはピンという形で仕事を続けていく。

 

そんなこんなで2週間が経ち、大悟は久々に大きな休みが取れた。「こんな日は後輩を連れて酒を飲むに限る」とダイアンのユースケら数名と居酒屋に集まった。

 

一通り飲み終わり全員が、所謂"出来上がった"状態になったという時、前々から千鳥の仲を気にしていたユースケは


「ノブさんって最近どうしてはります?大悟さんおらん時僕ノブさんと絡むこと少なくて」と聞いた。


大悟は、酒が回ったんだなとすぐに分かるようなフワフワとした口調で「……ノブとは会うとらん」と返す。


ユースケは重い目を精一杯開いて驚く。
「え、ほんますか?まさか解散とか、やめてくださいよ?」。少し焦っているような様子だ。

 

「大丈夫や、雪もいつかは溶ける」と笑う大悟。


その後、2軒目に行きましょうと後輩たちが言う中、大悟は「今日はワシもうええわ。お前らこれで2軒目行け。ほなな」と店を出る。


「え、もうですか?……ほ…ほんならまた!」ユースケはその場を後にする大悟を心配そうに見つめながら言った。


大悟の心は複雑だった。いつもあれだけ楽しかった酒の場。それなのに今日は早くあの場を去りたかった自分に違和感を感じた。が少し考えてみるとその違和感はすぐに解けた。


「お前もう酒あんま飲むなよ。体にも悪いんやから。タバコも」

 

あの日、ノブに言われた言葉だ。
「あいつ……」と大悟。自分の中で如何にノブの存在が大きいのかという事を思い知らされたのだ。


一方のノブは今日も仕事。
ぐるナイの「グルメチキンレース ゴチになります」の収録だ。


収録前、この番組の主役の一人であるナインティナインの岡村は何の気なしに「お前、大悟と大きい喧嘩でもしたんか?」とノブに聞いた。


ノブは心底嫌そうな顔をして「やめてください岡村さん。ほんまに」と、ツッコむような調子で言った。


「いや気になるやんか実際。でもすまんな。今のはちょっとデリカシー無かったわ」と謝る岡村。


「そんなんで謝らんとってください。大丈夫ですから」と笑うノブ。


「やめてください」とは言いつつも気にかけてくれる岡村を目の前にして「岡村さんも、矢部さんと喧嘩とか、今回のワシらと同じような経験あったりすんかな…。相談した方が気は楽になるよな…」とノブの頭の中では考えがぐるぐると回っていた。

 

その頃大悟は所謂家族サービスをしようと考えていた。

計画は直ぐに実行され一家は大悟の地元であり笠岡市笠岡諸島に属し、靖国神社の大鳥居や再建時の大阪城の石垣などにこの島で採れた所謂御影石が使われるなど採石が盛んで「石の島」とも呼ばれる、岡山の北木島に。

 

「あぁ〜久しぶりじゃのう。海風のええ匂いじゃ」と気持ちよさそうな大悟。

 

「急やってビックリしたけど、子供らも楽しそうで良かったわ」と大悟の横でその妻が言う。

 

子供たちははしゃぎながら海沿いの道を両親より先に進んでいく。

 

「こんなに穏やかな日は何年ぶりやろう」

 

先々と道を進む子供達を見ながら大悟はそんなことを思った。

 

 

それと同時期に、これは巡り合わせなのかノブも休みを取り地元岡山へ帰っていた。しかしノブの地元は岡山でも広島にほど近い井原市という街で、大悟のいる北木島とはかなりの距離がある。

 

 

━━━━が運命は二人を笠岡の街に引き寄せる…。

 

 

 

続かない‼️💢

 

 

動く城のモノマネ

 

とんねるずのおかげで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

             

 

コンコンキツネの亡骸ブルースを歌います

 

「ハァ?うんこ漏れそ♪」

 

おもんな、なんやねんこれ

ガチで泣いたわ

 

違うんよこれじゃないんよ(ノド)

 

「あ?💢何がおもろいねんこれ…」

f:id:E-ve:20210401185912j:image

え、中田ヤスタカ

 

Fin

〜〜〜〜〜〜

 

兵人(へいと)「夜中にいきなりさ

 

赤紙

〜〜〜〜〜〜

 

f:id:E-ve:20210401071643j:image

野村萬斎のレアリティ高いな

 

【面接をするTRF

 

面接官「休みの日は何をされますか?」

 

TRFEZ DO DANCEEZ DO DANCE♪ 主にヒヒ※を煮てる♪」

 

面接官「え……?」

 

TRFEZ DO DANCEEZ DO DANCE♪ 塩の味効いている♪」

 

(※彼らの言うヒヒ↓)

f:id:E-ve:20210412115315j:image

 

こんばんは

Goebbels♪ ←ドイツの定番挨拶!皆もドイツに行った時には使ってみてね!

 

句点を打つために一度「藤岡弘、」と打ってから「藤岡弘」の部分を消してるE-veでございますけども、(←この句点もです)さあさて

今回はですね。なんとなんと

f:id:E-ve:20210412115531j:image

f:id:E-ve:20210412115548p:image

f:id:E-ve:20210412115606p:image

f:id:E-ve:20210412115724p:image

f:id:E-ve:20210412115740p:image

 

f:id:E-ve:20210412115747g:image

f:id:E-ve:20210412115754j:image

f:id:E-ve:20210412115800g:image

f:id:E-ve:20210412115821p:image

 

します。

曲はエレファントカシマシで「今宵の月のように」。ではどうぞ

 

「新しい〜季節の始まり〜は〜♪

 

新しい〜♪季節来るの〜さ〜♪」

 

オーンオーン  フヒリンチョッチョ

 

しバラク・オバ待ちください…

f:id:E-ve:20210412120023j:image

 

読み込みが完了しました

f:id:E-ve:20210412120324p:image

f:id:E-ve:20210412120529j:image

f:id:E-ve:20210412120849j:image

f:id:E-ve:20210412121107j:image

f:id:E-ve:20210412123731j:image

f:id:E-ve:20210412124545j:image

f:id:E-ve:20210412124029j:image

f:id:E-ve:20210412121139j:image

f:id:E-ve:20210412123503j:image

イツメンでグループ通話してるやん…

無視無視!

 

(メヌルオスプとヌワワボヨンがションベレヒョーイするわ!とツッコむ、知性を感じさせる感じのネタをする漫才師の画像)

 

アーーーーーーーーーー😄😄😄😄😄😄😄😄

 

 

ヌヌーーーーーーーー😁😁😁😁😁😁😁😁😁

いぶりがっこ軍の指揮をとります!

 

ぬ、強いな!艶良いな!

 

単純明快牛乳統制論を提示!

そして王国はトースト主義へ!王朝は崩壊!民衆の勝ちだ!

 

うわぁー負けたー!カリキュラムにせなあかんでこれ笑

 

三島由紀夫VS三島由紀夫は結婚してる?子供は?調査しました!

 

結果:三島由紀夫の大腿骨が無くなる

 

広告

f:id:E-ve:20210412121843j:image

 

という訳で、本題はもう済んでるのに長々喋ってすいません笑

 

色々(※)あった2020年だし、2021年(来年)のお正月まったり過ごすぞ〜

 

と言いつつももう大晦日というね

 

(※=ガスバーナーでまつ毛を燃やしたり、塩の味がする鮭を遺伝子工学に基づいて開発したり)

 

全国全店舗のマクドナルドにて従業員(「この記事を読んだ」と伝えるとタダで迫害されます。ぜひ伝えてください。

 

#無法地帯

えらい久しぶりやんか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

「シッ静かに…。

 

……俺だ。助けに来たぜ」

f:id:E-ve:20210225170605j:image

 

はい。E-ve(本名 子宮 膣仁親王(がきのみや ちつひとしんのう)でございます。

久しぶりのブログ更新ということで

 

長男がカラフルなチャーハンを作った。


イカレーで残ったスティッキーライス。
玉ねぎ。ニンジン。青ネギ。ウインナー一本。
ソースを使わず塩、胡椒、醤油で味付け。


彼に「どうせ作るなら兄妹の分も作ってよ。
それぞれが料理してたら、
キッチンを何度も片付けないといけないし」

 

あ、今一瞬つんく♂さんのブログに乗っ取られちゃいましたね💦💦

 

🧠「人間のブレイン担当してます。脳です」

 

ブレイン担当、というよりブレインそのものだろ。

 

 

ゴホンッ(西川きよしを殴る音)(←括弧内の文字をあるある探検隊のリズムで言うと確実に死に至ります。やめましょう)

 

なんかさぁ!?もう夏じゃねえかよ!?

そうだよなぁ!?

 

キリン「あ?」

f:id:E-ve:20210225171009j:image

 

あっ…なな、なんでもないです…!い、今は冬です…

 

"REIZI'S AGE"

ズウウウウウン……!!!!!

 

キリン「グァゥアッ!!?!?  だ、誰だ…!?!」

f:id:E-ve:20210225171442j:image

キリン「な、なんだ貴様は…!!」

 

???「カ…ル……ス…」

 

キリン「ん…?」

 

???「……ーネ…サンダ…ー……」

 

キリン「か、カーネル・サンダース?」

 

???「…カーネ…サン…ース……」

 

キリン「貴様は、カーネル・サンダースというのか?」

 

野村萬斎

「   野   村   萬   斎   」

 

キリン「野村萬斎

f:id:E-ve:20210225171834j:imagef:id:E-ve:20210225171834j:imagef:id:E-ve:20210225171834j:imagef:id:E-ve:20210225171837j:image

f:id:E-ve:20210225171957j:image

 

フォーオブアカインド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブリミナル効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしたか?

2020年も残りわずかとなりましたので、是非良いお年をお過ごしください。

 

ではまた来年〜♪👋

伝えることの大切さ

皆さんはネアンデルタール人が生存競走で我々ホモ・サピエンスに負けた理由をご存知だろうか。

 

まずネアンデルタール人について。

 

 

彼らの脳は人間より大きく骨格も頑丈。そして成長の速度も早いと来ている。このように彼らにはホモ・サピエンスよりも優れた点が多いのだ。

 

 

しかし

 

 

彼らには致命的な弱点(個人的観点だが)があった。言語だ。彼らの喉にも我々が持つような複雑な音を出せる器官があったが、それを使いこなす知能はまだ備わっていなかった。

 

もうひとつの弱点として彼らは集団での生活をしなかった。

とはいえ完全な一匹狼という訳ではなく十数人ほど、家族単位の集団であったと考えられている。しかし対するホモ・サピエンスは数百人規模の大きな集団を作っていたのだ。

 

コミュニケーションによって人は進化・成長をする。ネアンデルタール人の大きな脳には、コミュニケーションが必要だったのだ。

 

 

 

絶滅の原因は諸説あるが私は高度な言語能力と集団生活によってホモ・サピエンスの種が繁栄したと考える。つまりその特徴を持たなかったネアンデルタール人は淘汰されてしまったんだろう。

 

 

 

 

はぁ?

 

 

 

うっせえ

 

 

 

 

 

うっせえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっせえワン

f:id:E-ve:20210213144712p:image

御久しぶりです

その船を漕いでゆけ〜ェ〜♪

 

お前の手で漕いでゆけ〜ェ〜♪

 

夜な夜な屏風出てきて

悪いことする虎さん退治しな♪

 

 

……オープニングは足利義満が歌う「宙船」でした。

 

 

さあさ!やってまいりました!

 

「何が?」っておま……w

節分ですよ!節分

 

(一度、広告を、挟ませて頂きます)

f:id:E-ve:20210129164038j:image
f:id:E-ve:20210129164033j:image

↑もっと頑張れよ!💢💢💢💢

 

さてと、節分といえばそうですね?

 

そう。

 

アフリカマイマイしゃぶりまくりDAY」です。

アフリカマイマイといえばエスカルゴなどにも使われる大きなカタツムリのことなのですが、そのカタツムリの地べたについた足?なんでしょうか。の部分を己の口で優しく包み込んでしゃぶってあげる、そういった日です。

 

【体長が日本列島の端から端まであるクソデカいクジラ】

オオエゾリュウキュウクジラ

 

あたし「記事書くのめんどくちゃいよぅ。。。」

おじさん「へっへへ…E-veちゃん、ちょっとそこで休もっか…」

あたし「うん♪」

 

3時間後

 

ヨタ…ヨタ…

 

ヨ  タ  ハ  チ

f:id:E-ve:20210129164750j:image